トップページ > ご案内 > 所長挨拶


所 長 挨 拶

 このたびは、長野県総合教育センターのウェブページにアクセスしてくださり誠にありがとうございます。

 当センターは昭和40年に設立された「長野県教育センター」を母体に、その後「長野県産業教育センター」との統合等を経て、平成8年に「長野県総合教育センター」として、南北に長い長野県のほぼ中央、この自然豊かな塩尻市片丘の地に設置され、以後、主に本県教職員の研修や生徒実習の場、教育関連情報の発信、教育相談等の役割を担いながら今日に至っております。

当センターにお越しいただいた教職員の皆様には、日々の学校での業務を離れて、仲間の受講者と一緒に、その時々の自分に必要な、関心が高いことを深く追究できる場として、また、生徒に皆さんには当センターならではの先端設備や高度な技術を体験的に学ぶ場として、今後とも大いに活用していただければ幸いです。

急速に進む少子高齢化やグローバル化の激しい波は本県にも押し寄せてきています。そのただ中にいる子どもたちは、これまでのように知識や技能を身につけることは勿論必要ですが、予測不能なこれからの社会にただ単に適応していくだけでなく、自分たちが主役となるための「新しい社会を創造する力」を身につけることが求められています。そしてそれは、生きて働く知識・技能とそれを活用するための思考力、判断力、表現力、さらには学びに向かう力、人間性等を兼ね備え、子どもたち自身が「主体的、対話的で深い学び」を追究することによってのみ可能になることだろうと思います。

どうしたら子どもたちを「主体的、対話的で深い学び」に導けるのか、時代が要請する学びに対して子どもたちをどう支援していけばよいか、と考えている先生も多いと思います。こうした問いには唯一絶対の解などありませんが、必要な条件だけは明らかで、先生自らが主体的、対話的に学びを深める実践に取り組むこと以外にはありません。研修講座に集った仲間や職場の同僚等とともにそうした学びを深めることが不可欠です。

私たち長野県総合教育センターのスタッフも、正面ロータリーの碑に示された「磨かん共に」の思いを大事にしながら、長野県の教職員、児童・生徒の皆様のために、そして本県教育の発展にしっかり貢献できるよう、多くの皆様とともに研鑽を積んでまいる所存です。どうかよろしくお願いします。



長野県総合教育センター

所長 西條 浩章




▲TOPページ